Journal

【#withコロナ vol.6】
九州豪雨 ボランティア募集情報
活動時万一コロナに感染した際の保険の情報も

2020.07.09

復旧に向けて進む動き

先日の【#withコロナ vol.5】九州地方を襲った記録的豪雨 水害マニュアルやボランティア情報を紹介でも書きましたが、九州地方を中心に豪雨の影響で甚大な被害をもたらしています。その中でも復旧に向けたいち早い動きとして、ボランティアセンターの設置などを紹介しました。まだ今後も全国的に雨の予報が続き警戒が必要とされますが、すでにボランティア募集情報も出ています。

※昨年12月、台風19号の被災地宮城県丸森町での災害ボランティア活動写真

 

ボランティア募集情報

各地でボランティアセンターの設置が進んでいるだけでなく、一部の地域ではボランティア募集も始まっています。熊本県あさぎり町では、町内在住者に限定していますが、7月7日(火)から浸水による玄関回り・住居内・床下の汚泥や土砂の除去などのボランティアを募集しています。
他の地域でもごみの片付けや泥のかき出しなどのボランティア依頼はすでに数十件寄せられており、ボランティア募集の準備を進めているそうです。

熊本県球磨郡あさぎり町ボランティア募集情報

熊本県、広がるボランティア募集の動き コロナ対策が「壁」―九州南部の記録的豪雨(2020年7月7日付け時事ドットコムニュースより)

 

 

家屋の掃除方法をオンラインで伝えるなどの支援も検討

あさぎり町のボランティア募集に関しても町内在住者に限定していますが、他地域でも、新型コロナの感染防止を念頭に、募集対象地域を近隣に限定することが考えられています。そこで、神戸市兵庫区の「被災地NGO恊働センター」では、物資調達などの後方支援、家屋の掃除方法を、オンラインで伝えることも支援方法として視野に入れているそうです。オンラインでボランティア!という活動も、遠くない将来、現実になるかもしれませんね。

コロナ禍のボランティア オンライン支援検討 兵庫の団体(2020年7月7日付け神戸新聞NEXTより)

ボランティア活動でコロナに感染したら・・・保険はどうなる?

ボランティア活動をする上で新型コロナウイルスに感染したら補償はあるのだろうか、と不安になる方もいらっしゃると思います。保険によっては、ボランティア活動保険の特定感染症に、新型コロナウイルスが追加され補償対象となっているものもあります。ご自身で既に加入されている保険、活動の際に加入する保険については、活動前に新型コロナウイルスが対象となるかを事前に調べておくのも大事ですね。

新型コロナウイルスが補償対象となっている ふくしの保険

 

 

ボランティア募集情報も少しづつ出てきています。ただ前回も記載しましたが、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れもあります。ボランティアを考えている方は、充分配慮しながら活動を行いましょう!