Journal

【コロナに負けるな!vol.17】
コロナ禍の経緯を振り返って

2020.06.04

残念ながら東京2020大会の延期も

東京2020大会本番を迎えるはずだった2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大で各方面に多大な影響が及びました。ようやく緊急事態宣言が解除された中、感染確認からこれまでの流れを振り返ます。

1月16日
日本国内で初めて感染者を確認
2月3日
乗客の感染が確認されたクルーズ船 横浜港に入港
2月13日
国内で初めて感染者死亡
2月17日
東京マラソン 一般の部の中止が決定
2月19日
ボラサポ主催の2、3月の研修やイベントが延期・中止に
2月21日
28日まで実施予定だった大会ボランティア(Field Cast)共通研修が延期に
2月27日
全国の小中高校が臨時休校へ
2月28日
ボラサポが提供する都市ボランティア(City Cast)向けeラーニングの受講期間を延長
3月11日
WHO(世界保健機関)がパンデミックを宣言
3月20日
聖火が日本に到着
3月24日
東京オリンピック・パラリンピックの延期が決定
3月29日
タレントの志村けんさんが新型コロナウイルス感染のため死去
3月30日
東京2020大会の新開催日程が決定
オリンピック競技大会  :2021年7月23日から8月8日まで
パラリンピック競技大会 :2021年8月24日から9月5日まで
4月7日
7都府県に緊急事態宣言が発令 「人の接触を最低7割、極力8割削減を」
4月11日
国内の感染者  1日の人数としてはこれまでで最多の720人
4月16日
「緊急事態宣言」全国に拡大  13都道府県は「特定警戒都道府県」に
4月18日
国内の感染者  1万人超える(クルーズ船除く)
5月4日
緊急事態宣言 5月31日まで延長
5月7日
国内の感染者  1日の人数が100人を下回る
5月14日
緊急事態宣言 39県で解除
5月20日
夏の全国高校野球 戦後初の中止決定
5月21日
緊急事態宣言 関西で解除
5月25日
緊急事態宣言 全国で解除
6月2日
初の「東京アラート」都民に警戒呼びかけ

 

【参考】

NHK 特設サイト 新型コロナウイルス

東京2020組織委員会HP

 

緊急事態宣言が明け、一歩ずつ前へ

2020年になってから急激にコロナウイルスの感染が拡大し、3月に予定されていた東京マラソン2020では一般ランナーの参加が中止になりました。それを契機とし、ライブやスポーツ大会など様々なイベントが中止となり、ボラサポ主催のイベントや研修も中止となりました。その後、東京2020大会も延期となり、来年夏の開催が決定しました。

5月以降は感染者数は落ち着き、緊急事態宣言も全国で解除されました。いまだ感染のリスクはなくなっておらず、新しい生活様式に沿った暮らしが求められていますが、一歩ずつ歩みは進んでいます。

引き続きコロナ関連のボランティア情報をお届けします!

ボラサポでは、コロナウイルス感染拡大が本格化した4月から「コロナに負けるな!」と題して、様々なコロナ関連のボランティアや取り組みを紹介してきました。

これからはさらに前向きに「#with コロナ」として様々な取り組みやボランティア活動を紹介していきます。皆さんと共に、前を向いて少しずつ進んでまいります!

募金のお願い

日本財団では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、困難な状況に陥っている子ども達や医療従事者に対する支援、医療崩壊を防ぐための施設作りなどを進めています。

具体的には、タクシーチケットを通じた医療従事者の通勤時の移動等の支援、救急医療施設への資金支援、船の科学館及び日本財団パラアリーナでの新型コロナウイルス対策施設の建設などです。(詳細は日本財団公式サイトへ)

こうした事業に対し、日本財団では募金を実施しています。頂戴しましたご寄付は、新型コロナ対策で活躍する医師、看護師、ボランティアの方々の活動資金として活用・応援させていただきます。

また、新型コロナウイルス感染症拡大の長期化が見込まれる中、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの「新しい地図」の3人と日本財団は、共同で「LOVE POCKET FUND」(愛のポケット基金)を立ち上げました。この基金に集められた寄付は、間接経費を一切いただくことなく、医療の最前線で活躍している医師、看護師、ボランティアやその子どもたちの支援などに活用されます。皆さまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。