Journal

待望のお披露目!
東京2020大会ボランティアユニフォーム発表!

2019.07.19

来年の東京2020大会でボランティアの皆さんが着用するユニフォームが、ついに発表されました!本日7月19日に行われた発表記者会見では、ユニフォームデザイン選考委員会委員を務めた香取慎吾さんらが、ユニフォームを着て登場しました。

香取さんが着ているのがフィールドキャスト(大会ボランティア)のユニフォーム。そして、もう一方がシティキャスト(都市ボランティア)のユニフォームです。今回はポロシャツ、パンツ、シューズ、ハット、ジャケット、ソックス、バッグ、持ち帰りバッグの計8点のアイテムが提供されます。

 

デザインは、いずれも大会エンブレムをベースに練り上げられました。フィールドキャストのユニフォームは、大会カラーの藍色で東京2020大会のコアグラフィックを表現して、その上にエンブレムを配置。シティキャストでは、大会エンブレムの市松模様を大胆に配置して、街中でも見つけやすくすると共に、フィールドキャストと同じ藍色でキャスト同士の一体感も表現されています。どちらもさわやかな色合いが涼しげですね。

そして、東京2020大会で心配されるのは、やはり暑さ。今回のユニフォームを作製したアシックスによると、ボランティアの方々が快適に活動できるよう、暑さ対策を重視しながら、可動性を高めたパターン設計や通気性を考慮したシルエットを採用することで、動きやすさや着心地の良さを追求したとのこと。

パンツはひざ下から切り離してハーフパンツとしても使えます。本番でのボランティアの皆さんの活躍を後押ししてくれることでしょう。

また、持続性や多様性も開発テーマに挙げられ、再生ポリエステルや植物由来の素材を多く採用。そして、様々な年代、性別、国籍の方々が快適に活動できるよう、ユニセックスシルエットを採用しています。

これらのユニフォームについて、ボラサポ参与の二宮雅也・文教大学准教授は「2つの点で過去大会と異なっている」と特徴を挙げています。

「一つ目は、オリンピックエンブレムとパラリンピックエンブレムが両方ともデザインされていることです。これまでの大会では、オリンピック終了後にユニフォームのエンブレムを入れ替えてパラリンピックを迎えることが行われていました。

今回は2つの大会エンブレムを一つのデザインで採用したことにより、2つの大会の一体感が醸成されることと共に、特に両大会を支えるボランティア活動にも連続性が生まれることが期待されます。また、大会コンセプトの一つでもある多様性を象徴するデザインということもできます。

二つ目は、フィールドキャスト(大会スタッフ・ボランティア)とシティキャスト(都市ボランティア)のユニフォームが、ユニフォームデザイン選考委員会において同時に検討されたことにより、デザインや色彩に共通性が生まれ、各競技会場で活躍する大会ボランティアと、全国各地の街中で観戦客を迎える都市ボランティアにボランティアの一体感が形成されることです。

このユニフォームを着たフィールドキャスト・シティキャストの活躍によってオリンピック、パラリンピック双方がより幅広い盛り上がりを生むことが期待できると思います」

この盛り上がりについて、香取さんからも会見で「ボランティアの皆さんの活躍、そして気持ちが大会の成功につながると思います。共に東京2020大会を盛り上げて、素晴らしい大会にしていけたらうれしいです」との言葉がありました。

来年の夏、このユニフォームをまとった皆さんがオリンピック・パラリンピックを盛り上げるキャスト、主役になるはずです!