Journal

第4回ボランティア検討委員会 開催

2019.07.16

ボランティア運営に関わる有識者や経験者などからなる「ボランティア検討委員会」の第4回が、73日に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の主催で開催されました。

同委員会は座長の清家篤氏(日本私立学校振興・共済事業団理事長、慶應義塾学事顧問)をはじめ、オリンピアンの萩原智子氏、パラリンピアンの河合純一氏(ともに水泳)ら計11人の委員で構成され、この日はボラサポ参与の二宮雅也・文教大学准教授や、ボラサポ常務理事の小澤直、中島光両氏を含む計9人が出席しました。

冒頭、清家座長から「今回の議題は、大会ボランティアの募集8万人のところ、20万人以上の応募があった中で、マッチングいただけない方へどうコミュニケーションをとっていくのか。次に、具体的な10月からの共通研修の内容。そして、暑さ対策、飲食物、交通面、宿泊施設などの活動環境をどうするのかがテーマ」とあいさつがあり、この3点について議論が交わされました。

委員会後には、清家座長、二宮委員、山本悦子委員(一般財団法人東京マラソン財団 ボランティアセンター長)の3人が取材に応じました。

委員会では、マッチング不成立の方へのご連絡は丁寧に行い、大会を応援・サポートいただけるよう努めること、また今後の研修では視覚障害や聴覚障害のある受講生への配慮をすることを確認したとのこと。

また、大会時のボランティア活動に関するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)への投稿について、選手や観客、他のボランティア参加者のプライバシーに配慮して投稿するよう、研修内で周知することとしました。

一方、大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的には自己管理としつつ、研修内で休憩の重要性を伝えるほか、水分補給のための環境づくりに努め、今夏に実施されているテストイベントにおいても活動シフトのパターンをいくつか試すなどして、本番に備えることとしました。また、食事については、弁当のほか、温かい食事の必要性も議論され、引き続き検討していくこととなりました。

さらに、マラソンなど早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していくこととなりました。

二宮委員からも「委員会では、大会ボランティアに応募していただいた方の気持ちを無駄にしないために、どのようにコミュニケーションをとっていくかというのが大きな争点になったかと思います。また、食事などボランティアの皆さんをサポートする環境をどうするべきか、議論を交わしました」との説明がありました。

検討委員会は8月下旬~9月ごろにかけて次回を開催し、今回の要検討部分について議論する予定です。本番に向けて、ボランティア部分の準備も着々と進行しています!