Journal

Instagramで前橋から発信中!「タゴシーの南スーダン日記」

2020.12.05

今日12月5日は国際ボランティアデー!ボラサポ公式インスタグラムでは9月から、前橋発の南スーダン日記の連載をスタートしています!

皆さんもご存じかもしれませんが、群馬県前橋市では、東京2020大会のホストタウンとして、南スーダンの陸上競技選手団5名を昨年11月より迎え入れています。

実は、群馬県在住のボラサポスタッフ、「タゴシー」(♀)もボランティアとして選手の練習をサポート中です!

この企画では、定期的に選手たちの前橋市での練習の様子等をご紹介しています!

ボラサポ公式インスタグラムのフォローはコチラから▼▼▼
https://www.instagram.com/volasapo2020/


ここでは、今までのダイジェスト版をお届けします。

群馬県内の今シーズン最後の大会に参加

9月6日、選手たちは今シーズン最後の大会となる記録会に出場しました!
各選手それぞれ力を出し切り、良い形で大会を終えることができました。
チーム一丸、南スーダン選手団は、国を背負って、走り続けます!

 

選手紹介

ルシア選手(100m、200m)

19才のルシア選手はオシャレにも夢中。いつも「New hair style」を披露して、楽しませてくれます!

 

ジョセフコーチ

選手団のお父さん的存在。
この日は、真っ赤な前橋Tシャツとパンツで前橋愛を伝えてくれました!今後のウェアにも注目です。

 

 

アクーン選手(400m走、400mハードル)

モデルのような佇まいでカッコよくキメてくれました!
寒さは苦手。猛暑の夏が過ぎ、だんだん涼しくなってきて、アクーン選手は、誰よりも早く長袖に衣替えしていました。

 

 

マイケル選手(100m)

社交的で、伸び盛りのパラアスリートです。
日々、練習に真剣に取り組んでいます。それは、結果にも反映され、次々と自己ベストを更新中です。

 

アブラハム選手(1500m)

チーム内で唯一の長距離選手。レースはいつも独走ですが、いつでも仲間を大切にする、やさしく、頼れるリーダーです!

 

ふるさと納税ご協力のお願い

南スーダンという国は、世界で一番新しい国です。
スポーツのできる環境が十分でない選手たちのため、スポーツを通じた平和促進として、前橋市が支援を行っています。その資金面においては、市の考えにご賛同いただいた皆さまから、より広く支援を集めるために、ふるさと納税制度を活用しています。

選手たちをサポートにご協力いただける方はぜひ、ご支援をよろしくお願いいたします。

詳細はコチラをご覧ください▼▼▼

東京2020オリンピック・パラリンピックを目指す南スーダン選手の長期事前キャンプ/前橋市 (city.maebashi.gunma.jp)

https://www.city.maebashi.gunma.jp/soshiki/seisaku/mirainomesozo/gyomu/2/4882.html

https://www.furusato-tax.jp/city/product/10201

 

今後も定期的に前橋市から南スーダン選手団の情報を発信していきます!

タイムリーに情報を受け取っていただけるよう、ぜひ、公式インスタグラムのフォローをお願いいたします!皆さまからのコメントもお待ちしています。

 ボラサポ公式インスタグラム:https://www.instagram.com/volasapo2020/