Journal

パラリンピック1年前イベント
City Cast(都市ボランティア)対象 パラアスリート講演会
オンラインで開催!!

2020.09.10

講師はパラパワーリフティング選手の山本恵理さん

8月24日(月)のパラリンピック1年前を皆さんはどのように過ごしましたか?

ボラサポでは、大会1年前に際し、大会を支えるCity Cast(都市ボランティア)の皆さんに、パラリンピックの魅力を知ってもらい、また一緒に大会を作り上げる仲間としてパラアスリートの想いをより深く知ってもらって、大会への気持ちを高める機会にしてほしいという想いから、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)に所属するパラパワーリフティング選手の山本恵理さんの講演会を8月23日(土)に開催しました。

この講演会は、先日行われた4自治体の都市ボランティア合同オンライン交流会に参加していただいた人の中から希望者を募り行われました。

まずはグループに分かれて自己紹介とパラスポーツについて思っている事、知っている事を参加者同士で話しました。

参加者の中には、「パラスポーツをテレビでは見たことあるけど、実際には見たことないなあ」という人も。

しかし、パラサポの「あすチャレ!メッセンジャー GOLD」講師として数多くの講演会を経験されている山本さんの明るく力強いお話に、参加者の皆さんが次第に前のめりにお話を聞いている様子が画面越しでも感じられました。

 

パラスポーツの魅力とは?

印象的だったのは「どんな年齢でも、どのような障害の状態になっても、どの国にいても、いつでも誰でもどこでも楽しめるのがパラスポーツの魅力です。」という山本さんの言葉です。

また、山本さんの明るく親しみやすい雰囲気から、その後の質疑応答では「パラリンピックを目指していて辛かったことはなんですか?」などの競技に関する質問の他、「日々のストレス解消法は?」などの少しくだけた質問も出ていました。

パラスポーツのイメージが変わった!

講演後、参加者からは「山本さんが明るく、なんだかパラスポーツのイメージが大きく変わりました」との意見もありました。

今回のパラアスリート講演会はオンラインの開催となりましたが、それでも皆さんの心に残るものをお伝えできたのではと思います。山本恵理さん、ありがとうございました。

コロナ禍の中、こうしたオンラインでの講演や交流の機会をボラサポでは提供していきます。いまできることを重ねて、一歩ずつ進んでいきましょう!