Journal

お笑い手話劇場 男組編 外伝①
~撮影の裏側をご紹介!~

2020.08.26

「お笑い手話劇場 男組編」の全動画を8/13()に公開しました!公開初日から多くの方に視聴していただきました。今回はその動画撮影の裏側を紹介したいと思います。

男組といえばスーツ!

撮影は3月に東京・赤坂の日本財団ビルにて行われました。男組といえばやはりスーツだ!ということで、みなさんにはスーツで撮影に臨んでいただきました。まずは撮影前の打ち合わせを行い、こうしよう、ああしようと活発に意見が出ました!全員がそろったところでスーツに着替え始めました。

さあ撮影開始!

いよいよ撮影です!撮影の合間も笑いがあったりと、非常に楽しく明るく行われましたが、手話に関しては非常に真剣です。手話はこれで正しいのか、この競技の手話はこれだけなのかなど、いろんな意見が撮影中にも交わされました。手話で東京2020を表すとき、口の形が「とうきょうニーマルニ―マル」になっているよ! (正しくは、「とうきょうニーゼロニーゼロ」) など、撮影中でないメンバーが間違いに気付いてくれて、撮り直しをしたりもしました。

男組も自分たちの色を出したい、ボラサポとしてもこの手話表現は入れてほしいなど、それぞれの意見を出し合いながら、撮影は23時近くまで行われ、まさしく撮影スタッフも含む全員で動画を作り上げました。

男組からのメッセージ

男組も何らかの形でオリンピック・パラリンピックに携わり、ろう者の間にもオリパラを盛り上げていきたいと考えていました。今回、日本財団ボランティアサポートセンターから依頼があったときは嬉しかったです。男組を通してろう者、様々な種目の手話表現を知ってもらえたらと思います。

動画を見てくれた人には、まずは好きな競技の手話を一つ二つ覚えることからオススメします。そして応援したい選手の名前や、次にオリンピック・パラリンピックが開催される地域の名前ですね。さらに、好きな食べ物や飲み物も覚えやすいかもしれないですね。興味あることから少しずつ手話を覚えてくれたら嬉しいです。これを機に、あちこち手話で話すことで、聞こえる世界に手話ムーブメントを起こせたらと思います。

男組含め撮影に協力してくださったみなさん、本当にありがとうございました。そしてこの動画の声、誰が吹き込んでいるか気になりませんか?声を吹き込んでくれた人たちも熱い想いを持っているんです。近日、声吹込みについてもご紹介しますので、お楽しみに!