日本財団ボランティア
サポートセンター

日本財団ボランティアサポートセンターは、
2017年6月に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
日本財団が締結したボランティアの連携・協力に関する協定に基づき、
当該協力に係る事業を実施する団体として設立されました。

ボランティア育成を通じた
東京2020大会の成功

日本財団がこれまでに支援を行ってきたスポーツボランティアや障害者スポーツ、障害者理解等に関する専門知識、ノウハウ、ネットワーク、経験等を集約させ、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が行うボランティア運営に協力することで、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の気運を醸成しつつ大会成功へ導きます。

ボランティア文化の醸成

大会を支える11万人を超えるボランティアが、人とのつながりの中から充実感や喜びを感じることを通じて、大会終了後も日常的に様々な分野でボランティア活動に参加出来るようボランティア文化の醸成を目指します。

  • 名称
  • 一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンター
  • 設立
  • 2017年9月29日
  • 組織
    • 理事会
      • 理事長
      • 渡邉 一利(笹川スポーツ財団 理事長)
      • 常務理事
      • 小澤 直  (日本財団パラリンピックサポートセンター 常務理事)
      • 常務理事
      • 中島 光  (日本スポーツボランティアネットワーク 理事)
      • 理事
      • 菅原 悟志(ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 理事長)
      • 理事
      • 田口 亜希(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アスリート委員)
    • 監事
      •  
      • 安楽 恒樹(税理士)
    • 評議員会
      • 評議員
      • 尾形 武寿(日本財団 理事長)
      • 評議員
      • 古川 秀雄(日本財団学生ボランティアセンター 常務理事)
      • 評議員
      • 山脇 康  (東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副会長)
    • 参与
      •  
      • 二宮 雅也(文教大学人間科学部准教授)
    • 戦略室
      • チーフクリエイティブオフィサー
      • 金山 淳吾
      • クリエイティブディレクター
      • 並河 進
      • クリエイティブディレクター
      • 吉田 シゲキ
    • アドバイザー
      •  
      • 大内 隆美
      •  
      • 大住 力
      •  
      • 金子 裕
  • 事業内容
  • ・ボランティア育成事業(コンテンツ作成、講師育成など) ・気運醸成事業(ウェブサイト、映像製作など) ・ボランティア文化醸成事業(機会提供、マッチングなど) ・調査研究事業(平昌大会ボランティア実態調査など)
  • 公開資料
  •     
  • 各種開示情報はこちらより閲覧することができます。